パワーストーン・クリスタル・天然石と世界のアクセサリーとヒーリングミュージック

ホーム >> コラム

クリスタル・パワーストーンや天然石等に関するコラムコーナー。パワーストーンとの付き合いの参考にしてみてください。なお、コラム作者は当時のスタッフのものもございます。

割れた石たち

ワールドブルー 富

石は自然界の中でも特に分かりやすくシンプルな存在であると私は感じています。色があるので眼で見て楽しいですし、同じ石でも個性があり模様も微妙に異なります。また、名前もそれぞれ付いているので人間のように名前で覚えられるのも楽しいですよね。

石は地球の、もっと言えば、宇宙の縮図的な存在であり、私たちの全てを投影する存在であると感じます。それは、天然石だけでなく、人間が開発した人工石、更に私たちの周りにあるガラスだってそうでしょう。量子物理学の立場から考えれば、全ては分子レベルから量子レベルに分解でき、お互いが共鳴し合って一つの物体を創り出しているからです。窓ガラスだって石と言えなくはありません。アトランティス時代は水晶によって想念を増幅させたり、エネルギーを調節するツールとして活用されていたようです。そのテクノロジーが現代でも使われているのだと感じます。

石は完全な存在でありながら、私たちの思考の元では不完全になり得ます。それは、特に石が割れた時です。私たちは、石が割れると、「不吉」「きっと悪いことが起こるに違いない」「誰かと別れることになるんだ」等、いわゆるネガティブに捉える傾向があります。しかし、本当に悪いこと何でしょうか。確かに、経済的に見れば、せっかく買ったものが割れてしまうわけですから、がっかりしますよね。でもそれはその時のエネルギーの停滞を象徴している感情であり、いずれお金以上のエネルギーの存在に気付くものです。

しかし、この自然界の法則は、「創造→維持→破壊」を繰り返しています。ちなみに日本では「あ・う・んの呼吸」って言いますよね。神社の狛犬はそれを象徴しています。つまり、破壊が無ければ新しい創造も生まれません。石達は私たちの意志を反映させてくれる存在であるとすれば、私達の意識と大きく共鳴します。意識とは「意志」+「エネルギー(氣)」という言霊でもあり、私達のエネルギーの意図を象徴しています。石たちはこの意識と共鳴し、私達の想念をそのまま現実化させてくれます。

石が割れることは、私達の意識と共鳴した証拠になります。自然界は常に変化しています。考えてみれば、元々石は割れたものが私達の元に届きます。採掘すること自体、石を割って母なる地球から生み出されているわけです。私達に必要なメッセージを届けるために、あえて地球から分離し、古より私達を知るツールとして私達の側にいてくれる感謝すべき存在です。

私は家に飾っておいたロシアンレムリアンが真っ二つに割れました。確かに大きな意図を持つロシアンレムリアンが割れた時は「一体何が起こるんだろうか?」と思いましたが、「しかしこれにも何か大きな意図があるはずだ」と思えました。すると、次はキーホルダーに付けていたグリーンムーンストーンが二つに割れました。その時、石は私達の意識を反映しているということを改めて感じてみたところ、大きな気付きがありました。ちょうどその頃、私は毎日のように人と関わり、またスピリチュアルな気付きも多く、新しいサイクルに入ったんだと確信しているところでした。何か新しい自分になったというか、新しいステージに突入したような感じでした。石達は割れることで、次のサイクルに入った、つまり古い自分を破壊して、新しいサイクルの自分を創造したということを伝えていたんだと感じます。

石が壊れた時の本当の意図というものは人知を超えていると思います。しかし、単に「きっと何か悪いことが起こるに違いない」と決め付ける前に、今の自分の心を観察してみることをお奨めします。すると、後から、「石が割れたのはこういうことだったのか!?」という気付きが生まれ、次のステップに進むでしょう。石達は私達の意識をそのまま投影する存在ですから、悪いと思えば、その悪いことが現実化するでしょう。

では、割れた石はどうすればよいかですが、それは気持ちの問題であり特にルールはありません。私は家に自分の意識を確認するために祭壇のようなものを作っていますが、そこに飾っています。割れたグリーンムーンストーンについては、まだキーホルダーとして機能しているのでそのまま使っています。人によっては、土に埋めたり、川に流したりと様々な浄化等をされているようです。しかし、引き続き使っても問題ありません。本当に意識次第です。もちろんブレスレットなど壊れた場合は弊社で修理しますのでお気軽にご相談いただければと思います。

「石を知ること=私を知ること」に繋がっています。石が割れた時、それは何かの創造、現実化が始まっているサインではないでしょうか。

2004/12/15