パワーストーン・クリスタル・天然石と世界のアクセサリーとヒーリングミュージック

ホーム >> コラム

クリスタル・パワーストーンや天然石等に関するコラムコーナー。パワーストーンとの付き合いの参考にしてみてください。なお、コラム作者は当時のスタッフのものもございます。

夢・願いと石の関係

対談コラム~ワールドブルー 富 & ラクシャダーナ
※店長の富とインド哲学等を研究しているラクシャダーナとの会話の一部をまとめました。

富:
僕は小さい頃は鉱物的な観点で石と接してきましたが、東京に出てきた頃に石との再会が始まり、その時から石=お守りという感覚で接するようになりました。独立すると決意したときからタイガーアイのブレスレットを着け始め、実際にいろいろな縁に恵まれ会社を作ることができました。もちろん、石だけの力ということではなかったのですが、石を着けることで元気や自信というものがより意識的に感じることができるようになったと思います。それから、夢の現実化と石の関係についていろいろと検証するようになりました。
ラクシャダーナ:
インド占星術のジョーティッシュではそれぞれの惑星を表す石があり、それを身に着けることで人生の意図や目標を、自然の流れの中で発見できるようにさせてくれると言われています。曜日によって身に着ける石を変えたり、いろいろな楽しみ方もあります。私の周りでも願いや夢を石に託している方がおりますよ。これはどういう仕組みになっていると思われますか?
富:

石はまさに「意志」を象徴していると僕は感じています。つまり、石を通して自分の意志・意識を鏡のように見せられるということです。石に願いや夢を込めることはイコール、自分の夢や願いを決断することになるでしょうね。NLP(神経言語プログラミング)ではアンカーリングと呼ばれていますが、石を見ることで自分の夢や願いを瞬時に意識的または無意識的に決断モードに入り、想いが言葉や行動に表れ、自然と願いが現実化しますね。

ラクシャダーナ:

なかなか現実化しない場合はどのような仕組みになっていると思いますか?

富:
夢が現実化しない場合は、石に依存しすぎていることが考えられますね。前と同じ話になりますが、この世の中は依存ではなくて、共存の原理が働いていると思います。これが自然だと思います。依存していることは自然の流れに反発することになります。願いの力が入り過ぎてしまうため、なかなか現実化しないための焦り、不安、恐れなどが現実化しちゃうことが多いです。
ラクシャダーナ:
なるほど。やはり石とは共存することが大切ですよね。自然の摂理・流れに従うこと。これが夢の現実化のポイントでしょうね。
富:

そうですね。ですから、石を選ぶことは、自分の意志を選ぶことになります。その意味で、直感で選ぶことですね。直感とは、「この石の色が気になるなぁ」とか「石の名前が気になる」「石の模様が気になる」という五感、またはそれ以上の感覚から来る情報を使った選び方です。もちろん、私が感じた意味・意図と共感していただければ、意味で選んでもOKですね。もちろん、インド占星術や西洋占星術の誕生石を信じることができれば、占星術の石を持つのもよいでしょう。

ラクシャダーナ:
たくさんある石の中から直感で石を選ぶことは本当に楽しいですよね。同時に、いつも石を見るたびに自分の夢を感じることができるというのは非常にモチベーションが上がり、毎日楽しくもなりますね。
富:

夢の現実化と石との関係について話しましたが、僕は夢を現実化させるための「鏡」としては別に石でなくてもいいと思います。植物、動物、絵、音楽、映画、机、車etc なんでも自分の投影になり得ます。しかし、私は石が好きですし、石はとてもシンプルだと感じています。色や名前、模様など分かりやすいので、より意識に入りやすいんですよね。色や模様も変化するので、一緒に生きているんだなぁって強く感じます。

 
つづく・・・

次回は、「自然と石の関係性」についての対話を予定しております。

2004/04/12