パワーストーンと世界のアクセサリーとヒーリングミュージック

マントラ系 > DAKSHINA ダクシナ

DAKSHINA ダクシナ

/ Deva Premal(デーヴァプレマール)

デーヴァプレマールの美しいハーモニーがレイヤーのようになった優れた声がフューチャーされ、ダクシナは神の祝福であり、ヨガやリラクゼーションに最適な作品となっています。デーヴァプレマールの2005年の作品。

DAKSHINA ダクシナ

画像を拡大する


レーベル
Whiteswan Music【輸入版:アメリカ】
リリース年:2005
    商品コード:WS0058

    DAKSHINA ダクシナ

    アーティスト:Deva Premal(デーヴァプレマール)
    販売価格(税込) 2,723 円
    ポイント: 0 Pt
    申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

    スタッフのレビュー

    Dakshinaとは自分自身が持っている豊かさを自分自身スピリチュアルな道に与えることを指す言葉です。自分自身を許可し、自分が進むべき道を豊かにしていくような意図を感じます。デーヴァプレマールのこの作品は、まさにそんな意図が込められた美しいマントラの旋律が印象的です。一曲一曲に彼女の言霊が詰まっています。彼女の声がメインですが、バックで使われている独特なサウンドも深い瞑想的な状態へと誘ってくれるように感じます。全体的に静かでありながらパワフルな作品です。

    アーティスト:Deva Premal(デーヴァプレマール)

    デーヴァプレマールはドイツで育ちました。チャンティングや瞑想を行っていたスピリチュアルな家庭で、彼女の母親はミュージシャンで父親はアーティストです。 「私の父親は1950年代から霊的な道を歩んでいます。父はヨガやありとあらゆるスピリチュアルな書物を学び、毎朝3時~5時に瞑想をして暮らしています。」と彼女は話します。 「父は私の妹と私にもっと瞬間に気付くためのエクササイズを考案してくれました。それは、”オーム(OM)”というサウンドを例えばテーブルに着いた時はいつでも声に出すということでした。その他には”ラーム(Ram)”というサウンドを電気を点ける時に声に出すというものでした。」 子供のころ彼女はバイオリンとピアノを習っていましたが、インドの和尚のコミューンでミテンと会ってからは、彼女は自分の声の探求が始まりました。 「ミテンが私に一緒に歌うことをすすめた時、私は大きなプッシュは必要ありませんでした。音楽と共に育ったので、基礎は既に出来上がっていたんです。彼と一緒に歌う事はとても素晴らしい体験です。はじめは彼のサポート役で、セカンドヴォーカルや、キーボード演奏をしたり、また様々な文化のマントラやチャンティングを使ったワークショップを一緒に行っていました。一人で歌うことはとても恥ずかしかったんですが、ミテンが励ましてくれ、私はより自信がつき、やがて自分の声を発見することができました」