パワーストーンと世界のアクセサリーとヒーリングミュージック

インド > Taranga タランガ

Taranga タランガ

/ Prem Joshua(プレム・ジョシュア)

Taranga(タランガ)とはサンスクリット語で「波」「バイブレーション」を意味する言葉です。このアルバムではインドやヨーロッパの著名な音楽家達と共に、エネルギッシュで親密さに溢れるレコーディングで精妙なサウンドやニュアンスが作り出されています。シタールやバンブーフルート、そしてインドボーカルの自然なサウンドにフォーカスし、プレムジョシュアはインドの古代の音の伝承を現代のアーバンラウンジやジャズに見事に融合させています。

Taranga タランガ

画像を拡大する


レーベル
Whiteswan Music【輸入版:アメリカ】
リリース年:2007
    商品コード:WS0075

    Taranga タランガ

    アーティスト:Prem Joshua(プレム・ジョシュア)
    販売価格(税込) 2,520 円
    ポイント: 0 Pt
    申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

    スタッフのレビュー

    インドの独特なサウンドとラウンジ・ジャズ的なサウンドが融合した斬新であり、何処と無く懐かしさに溢れるプレムジョシュアの最新アルバムです。インド好きな人でインドの喧騒が懐かしいと感じる方には特におすすめしたいですね。シタール等インドの楽器が現代のアーバンビートに乗って、心地よくも落ち着かせてくれるサウンドです。

    収録曲と試聴 試聴方法について

  • 1.Mata Bharat <7:51>
  • 2.Bombay Railways <7:01>
  • 3.Song for Sayang <7:09>
  • 4.Song for Seven Gods <7:10>
  • 5.Taranga <5:56>
  • 6.Ranga <7:24>
  • 7.Meherbani <18:56>
  • アーティスト:Prem Joshua(プレム・ジョシュア)

    ドイツの音楽の家庭の生まれる。若い頃はギターでロック系バンドをやっていたが、18歳の頃に出会ったラヴィ・シャンカールの神秘的な音楽にインスパイアされ、自分を知るためにインドへの旅に出る。以後20年以上インドで過ごし、プレムジョシュアは独自の音楽スタイルをシタール、インディアンフルート、サックス等多彩な楽器を使って確立した。そのサウンドは伝統的な東洋のサウンドと西洋のジャズテイストサウンドの橋渡し的なものになっている。彼はインドのメディアから「東洋と西洋のフュージョン界のニューリーダー」と呼ばれ、ワールドミュージック界の先駆者として高く評価されている。 インドの旋律「ラーガ」やマントラを現代のサウンドにミクスチャーし、最先端のサウンドやグルーブを生み出し続けています。