パワーストーンと世界のアクセサリー


フィンランドの北極圏の玄関口『ロヴァニエミ(Rovaniemi)』のジュエリーブランド「Taigakoru(タイガコル)」社のシルバーアクセサリーシリーズです。

Taigakoru社はフィンランドの北部、特に北極圏のラップランド(Lapland)と呼ばれる地域の老舗ブランドで、ラップランド地方の伝説や伝統、フィンランドの自然をテーマにしたデザインした作品を作っています。

ラップランドで有名なのがやはりオーロラ。その姿はまさに光のカーテンで、宇宙の神秘さを感じさせます。また、そこで暮らす人々は日本人の意識に共通する面を感じさせます。それは、自然に魂が宿るという考え方です。やはり厳しい環境の中、自然と共に生きてきた証のようです。そんな自然の美しさや伝統、そしてスピリチュアリティをモチーフにTaigakoru社は心を込めて作品を作っており、実際にフィンランドへ行きTaigakoru社のオーナーでありアーティストのJuha(ユハ)さんとお話をしてきましたが、とても暖かく作品への強い気持ちを感じました。


Goldsmith:Juha Janger(ユハ・ヤンガー)
金細工職人(Goldsmith)をマスターした後、25歳の時に南フィンランドからロヴァニエミに移りました。
彼はラップランドの大自然や文化からインスピレーションを受けて作品を作っています。
仕事を離れるとラップランドの自然の中へと飛び出しカヤック、スキーを楽しんでいます。またユハはカメラマンの腕も一流で、本の表紙を手掛けています。

サンタクロース村にあるショップでユハと一緒に。

サンタクロース村のショップスタッフのマリアと一緒に。
★シルバークリーニング方法

★指輪サイズ表